Home » murasameharuhizatsubunshuichi by murasameraruhi
murasameharuhizatsubunshuichi murasameraruhi

murasameharuhizatsubunshuichi

murasameraruhi

Published July 16th 2015
ISBN :
Kindle Edition
155 pages
Enter the sum

 About the Book 

ブナシメジからピスタチオまで…いや、坪内逍遥から酒鬼薔薇聖斗まで、村雨春陽が考えつくす一冊。[目次]浅薄と博識浅薄と博識日本文学における穴とは何かK『絶歌』に関する文芸批評こどもの日のかけひき多くの人は善人、しかし感情的すぎて怖ろしい現実と折り合いをつけるということ思考の秩序耳かき豚の睾丸を持つ人やれやれの訳語は?宇宙の原理ブナシメジのプライド脅かしっこの系譜『一つの約束』について人生で一番驚いたこと八升豆の未来本屋には何故しゃっくりおじさんがいるのか?Moreブナシメジからピスタチオまで…いや、坪内逍遥から酒鬼薔薇聖斗まで、村雨春陽が考えつくす一冊。[目次]浅薄と博識浅薄と博識 ②日本文学における穴とは何か3K『絶歌』に関する文芸批評こどもの日のかけひき多くの人は善人、しかし感情的すぎて怖ろしい現実と折り合いをつけるということ思考の秩序耳かき豚の睾丸を持つ人やれやれの訳語は?宇宙の原理ブナシメジのプライド脅かしっこの系譜『一つの約束』について人生で一番驚いたこと八升豆の未来本屋には何故しゃっくりおじさんがいるのか?危険物安全週間とは何か?奇を衒う『明暗』缶コーヒー甘い論未熟なマンネリ坪内逍遥雑記1ピスタチオの苦悩批評と実作のギャップ人は一か月にポテトチップス一袋分もの皮膚を撒き散らすオカルトでは片づけられない歴史シロヤマイシアカ詩心について都市伝説について雪の宿り情熱についてルーズベルトか石油か考えるということ長針の役割夢交尾の正体傀儡子について